FC2ブログ

母ãƒģæĩ子īŧˆ2īŧ‰ã€€ã€ŒåˆäŊ“験は母â€Ļ」

【 2014åš´9月 】


ドã‚ĸを開けると息子はæœēãĢ向かãŖãĻいぞした。

ã‚ŗãƒŧヒãƒŧをテãƒŧブãƒĢãĢįŊŽãã¨ã€æ¯å­ã‚‚こつらãĢæĨãĻ一įˇ’ãĢéŖ˛ãŋぞす。

æ˛ˆéģ™ãŽæ™‚間がæĩã‚Œãžã™ã€‚





č€ãˆã‚‰ã‚ŒãĒくãĒりį§ã‹ã‚‰åŖを開きぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€åŊŧåĨŗとかはいãĒいぎīŧŸã€

「いãĒいよ。」

「そうãĒぎ。けお、åĨŊきãĒ子とかいいãĒãŖãĻ思う子もいãĒいぎīŧŸã€

「うん。」

「そうãĒんだ。じゃあ、しばらくはお母さんがåŊŧåĨŗだね。」

冗čĢ‡ãŖãŊくįŦ‘éĄ”ã§čŋ”しぞす。

「åŊŧåĨŗãĒらäŊ•ã‚’しãĻくれるīŧŸã€

「えãŖīŧŸã€

じãŖとčĻ‹ã¤ã‚ã‚‹æ¯å­ã€‚

「手をつãĒいだり、æ¨ĒãĢåē§ãŖたり、かãĒ。」

「じゃあ、äģŠã‹ã‚‰ã—ãĻいいīŧŸã€

č‡Ēåˆ†ã‹ã‚‰č¨€ãŖたもぎぎ、戸惑いぞす。

息子はįĢ‹ãĄä¸ŠãŒãŖたと思うと、į§ãŽéšŖãĢåē§ã‚Šãžã™ã€‚

「母さんâ€Ļ。」

息子ぎ手がį§ãŽæ‰‹ãĢ。

čƒ¸ãŒãƒ‰ã‚­ãƒ‰ã‚­ã—ãžã™ã€‚

恋äēēãŋたいãĢそãŖと手をįŊŽã‹ã‚Œã‚‹ãĒんãĻ、もうåŋ˜ã‚ŒãĻいた感čĻšã§ã™ã€‚

į§ãŽæ°—æŒãĄã‚’æ„Ÿã˜ãŸãŽã‹ã€æ¯å­ã¯ãŽã‚…ãŖã¨æ‰‹ã‚’æĄãŖãĻきぞす。

č¨€č‘‰ãŒå‡ēぞせん。

息子はさらãĢ力をå…ĨれãĻæĄãŖãĻきぞす。

īŧˆã‚‚うすãŖかりį”ˇãŽäēēãĒぎね。īŧ‰

æĄãŖた手ぎ力ãĢį”ˇæ€§ã‚’感じぞす。

īŧˆãĄã‚‡ãŖとだけâ€Ļ。īŧ‰

æ¯å­ãŽč‚ŠãĢもたれかかりぞす。

恋äēēåŊšã‚’æ„č­˜ã—ãŸã‚ã‘ã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚

į”ˇãŽäēēãĢčēĢäŊ“を預ける。

こぎåŋƒåœ°ã‚ˆã•ãĢčēĢを預けたくãĒりぞした。

į§ãŽäģ•č‰ãĢå‘ŧåŋœã™ã‚‹ã‹ãŽã‚ˆã†ãĢæ¯å­ã¯č‚ŠãĢ手を回しãĻきぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“â€Ļ。」

č‚Šã‚’æŠąãã—ã‚ã‚‹æ¯å­ã‚’čĻ‹ä¸Šã’ぞす。

「母さんâ€Ļ。」

重ãĒる唇。

ずãŖと昔ãĢした、母からčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“するキ゚ではãĒく、į”ˇã¨åĨŗぎキ゚。

īŧˆæ¯å­ã¨ã‚­ã‚šã—ãĻるâ€Ļ。īŧ‰

そんãĒ背åžŗãŽæ°—æŒãĄãŒäŊ™č¨ˆãĢį§ãŽä¸­ãŽåĨŗをåˆēæŋ€ã—ぞす。

īŧˆã„けãĒいâ€Ļ。īŧ‰

č…•ã‚’æŽ´ãŋ、唇をé›ĸしぞす。





しかし、そんãĒį§ãĢ息子はさらãĢåŧˇãã‚­ã‚šã‚’čŋĢãŖãĻきぞす。

īŧˆčˆŒãŒå…ĨãŖãĻâ€Ļ。īŧ‰

čēĢäŊ“ぎ力が抜けるぎがわかりぞす。

æ¯å­ãŽčˆŒãĢ合わせãĻčˆŒã‚’įĩĄã‚ã‚‹æ¯ã€‚

もうåĨŗãĢãĒãŖãĻしぞいした。

æ¯å­ãŽãŽã“ãĄãĒいけお、æŋ€ã—いキ゚ãĢ酔いしれぞす。

さらãĢ息子はį§ãŽčƒ¸ãĢもč§ĻれãĻきぞす。

パジãƒŖマぎ上からå„Ēしく揉ãŋ上げぞす。

「うãŖ、ううãŖâ€Ļ。」

å”‡ã‚’åĄžãŒã‚ŒãĻいãĻもåŖ°ãŒæŧã‚Œãžã™ã€‚

そぎåŖ°ãĢ興åĨŽã—ãŸãŽã‹ã€æ¯å­ã¯ãƒ–ãƒŠã‚’å¤–ãã†ã¨čƒŒä¸­ã‚’æŽĸãŖãĻいぞす。

「あれ、あれīŧŸã€

初めãĻãĒんですから、äģ•æ–šãĒいです。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ã“ã†ã™ã‚‹ãŽã€‚ã€

čƒŒä¸­ãŽãƒ›ãƒƒã‚¯ã‚’å¤–ã—ã€ãƒ–ãƒŠã‚’æŠąãã—ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ãĢæŠŧさえぞす。

そしãĻ、凝čĻ–する息子ãĢã€æ¯ãŽčƒ¸ã‚’éœ˛ã‚ãĢしぞす。

ãˇã‚‹ã‚“ã¨å¤§ããĒčƒ¸ãŒæēれぞす。

「įļēéē—だよ、母さん。それãĢこんãĒãĢおãŖきいãĒんãĻ。」

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã¯æ˜”ã‹ã‚‰čĻ‹ãĻるじゃãĒい。」

「最čŋ‘はčĻ‹ãĻãĒã„ã‚ˆã€‚æ¯ã•ã‚“ã‚’æ„č­˜ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻからはčĻ‹ãĄã‚ƒã„けãĒいようãĒ気がしãĻãĻ、おéĸ¨å‘‚上がりとか、čĻ‹ãĒいようãĢしãĻたんだ。」

「じゃあ、äģŠæ—Ĩはį‰šåˆĨね。」

息子はじãŖとčĻ‹ã¤ã‚ãĻいぞす。

「そんãĒãĢčĻ‹ãŸã‚‰æĨずかしい。」

「うん。ねぇ、č§Ļるよ。」

息子ぎ手が震えãĒがらį§ãŽčƒ¸ã‚’č§ĻãŖãĻきぞす。

「あんãŖ。」

ä¸ģäēēäģĨ外ãĢč§ĻれられることãĢ敏感ãĢ反åŋœã—ぞす。

ã€Œæ°—æŒãĄã„ã„ãŽīŧŸã€

é ˇãį§ã€‚

それを合å›ŗãĢ息子はæŋ€ã—ãčƒ¸ã‚’æ‰ã‚“ã§ããžã™ã€‚

「あãŖ、あãŖâ€Ļ。」

åŖ°ãŒæ­ĸぞりぞせん。

「はうãŖ。」

息子ぎåŖがäšŗéĻ–ãĢ吸いäģ˜ããžã™ã€‚

胸ãĢéĄ”ã‚’åŸ‹ã‚ã‚‹æ¯å­ã‚’æŠąãįˇ ã‚ãĒがら母はæ‚ļえぞす。

īŧˆã“ぎぞぞ最垌ぞでゆうをčŋŽãˆãŸã„。īŧ‰

åĨŗぎæœŦčƒŊがčēĢäŊ“ã‚’é§†ã‘åˇĄã‚Šãžã™ã€‚

äģŠåēĻは母からキ゚をしぞす。

æˇąãé•ˇã„ã‚­ã‚šã€‚

「ねぇ、母さん、下ぎ斚もいいīŧŸã€

もう逆らえぞせん。

ベッドãĢį§ģ動すると、息子はパジãƒŖマとパãƒŗツãĢ手をかけ、ゆãŖくり下ろしãĻいきぞす。

下半čēĢãŒéœ˛ã‚ãĢãĒり、į§ã¯æĨずかしさãĢéĄ”ã‚’æ‰‹ã§čĻ†ã„ぞす。

息子が慌ãĻãĻトナãƒŗã‚¯ã‚šã‚’č„ąã„ã§ã„ã‚‹ãŽãŒã‚ã‹ã‚Šãžã™ã€‚





そしãĻ、į§ãŽčļŗぎ間ãĢ息子が分けå…ĨãŖãĻきぞした。

いよいよです。

「お母さんでいいぎīŧŸåˆã‚ãĻだよねīŧŸã€

「初めãĻだよ。だから母さんとしたいんだ。」

čŋ”äē‹ãŽäģŖわりãĢ手をåēƒã’ã€æ¯å­ã‚’æŠąãįˇ ã‚ãžã™ã€‚

それと同時ãĢ息子ぎįĄŦã„ã‚‚ãŽãŒãŠč…šãĢãļつかりぞす。

ãã‚Œã‚’æĄã‚‹ã¨ã€æ¯å­ã¯į§ãŽčœœãŽæēĸれå‡ēãĻいる場所ãĢæ“Ļりäģ˜ã‘、į‹™ã„を厚めぞす。

æ¯å­ãŒč…°ã‚’ã‚°ãƒƒã¨å‹•ã‹ã—ãžã™ã€‚

けお、į§ã‚’č˛Ģく感č§Ļはありぞせんでした。

æ¯å­ãŽã‚‚ãŽãŒãŠč…šãŽä¸Šã‚’æģ‘ã‚‹æ„ŸčĻšã ã‘がäŧã‚ã‚Šãžã™ã€‚

「先を少しå…ĨれãĻから。」

æ¯å­ã¯é ˇãã¨å…ˆã‚’å…ĨりåŖãĢあãĻがい、ゆãŖくりとねじčžŧんできぞす。

「ううãŖ。」

ã˛ã ã‚’å‰˛ãŖãĻくる感č§ĻãĢčēĢäŊ“が反åŋœã—ぞす。

さらãĢæ¯å­ãŒč…°ã‚’æ˛ˆã‚ãžã™ã€‚

䚅しãļりぎ感čĻšãĢå¤ĒももãĢéŗĨč‚ŒãŒįĢ‹ãĄãžã™ã€‚

「そぎčĒŋ子。そぎぞぞåĨĨぞでå…ĨãŖãĻきãĻ。」

「母さんãŖ。」

一気ãĢæ¯å­ãŽč…°ãŒæŠŧしčžŧぞれぞす。

ずんãŖ、という感čĻšã¨ã¨ã‚‚ãĢãŠč…šãŽåĨĨをæŠŧし上げられぞす。

ついãĢ子厎ぎå…ĨりåŖぞで息子を受けå…Ĩれぞした。

17嚴ぎæ­ŗ月をかけãĻ、息子が帰ãŖãĻきたįžŦ間でした。


đŸŒšå‚åŠ ä¸­ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°đŸŒš

ブログをčĻ‹ãĢæĨãĻ頂いたときは下ぎバナãƒŧをクãƒĒックしãĻくださいね❤ī¸












゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: