FC2ブログ

母ãƒģæĩ子īŧˆ5īŧ‰ã€€ã€Œæ¯å­ãŽį˛žæļ˛ãŒæēĸれå‡ēしぞすâ€Ļ」

【 2014åš´9月 】


「うãŖ、う〜ん。」

čƒ¸ã‚’æ‰ãžã‚Œã‚‹æ„Ÿč§ĻãĢį›Žã‚’čĻšãžã—ぞす。





æ°—ãŒã¤ãã¨ã€čƒŒåžŒã‹ã‚‰æ¯å­ãŒæŠąãã¤ãã€ãŠãŖãąã„ã‚’æ‰ãŋしだいãĻいぞす。

「äģŠã€äŊ•æ™‚īŧŸã€

「6時くらいだよ。」

昨æ—Ĩå¯ãŸãŽãŒæˇąå¤œ2時過ぎです。

あれから4時間もįĩŒãŖãĻいãĒいぎãĢ息子ぎįĄŦさをおå°ģãĢ感じぞす。

「元気ね〜。」

「母さんぎことがåĨŊきだからだよ。だからすぐこんãĒãĢãĒãŖãĄã‚ƒã†ã‚“ã ã€‚ã€

åŦ‰ã—さでæĨずかしくãĒりぞす。

そぎぞぞ息子ぎ斚を振り向き、キ゚をしぞす。

æœã‹ã‚‰čˆŒã‚’įĩĄãžã›ã‚‹æŋƒåŽšãĒキ゚。

2äēēともæē–備はå‡ēæĨãĻぞす。

äģ°å‘けãĢãĒり、æ­Ŗ常äŊã§æ¯å­ã‚’受けå…Ĩれぞした。

「ああ〜ãŖ。」

静けさぎ中ãĢéŸŋく母ぎåŖ°ã€‚

ããĄã‚…ããĄã‚…ã€ã¨č˛ĢかれるたãŗãĢæŗĄįĢ‹ã¤éŸŗã‚‚čžã“ãˆãžã™ã€‚
4回もæŗ¨ãŒã‚ŒãŸãŽã§ã€ä¸­ãĢ掋ãŖãĻいるぎが息子ぎæŠŊ送でį™ŊくæŗĄįĢ‹ãŖãĻいぞした。

æ¯å­ãŽč…°ãŒæŽĩ々と速くãĒりぞす。

「か、母さん。」

īŧˆãžãŸã„きそうãĒぎね。īŧ‰

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€æˆ‘æ…ĸしãĒくãĻいいからね。」

æ¯å­ãŽč…•ãĢしがãŋつき、果ãĻã‚‹ãŽã‚’åž…ãĄãžã™ã€‚

「うãŖ、ううãŖ。」

č…°ãŒä¸€æŽĩと速くãĒãŖたįžŦ間、į†ąã„もぎを感じぞした。

į§ãŽčēĢäŊ“ãĢもたれかかãŖãĻいる息子ぎ頭をæ’ĢでãĒがらäŊ™éŸģãĢæĩ¸ã‚Šãžã™ã€‚



ãĩと気がつくと8時を回ãŖãĻいぞした。

2äēēともそぎぞぞ折り重ãĒるようãĢ寝ãĻしぞãŖたãŋたいです。

息子をčĩˇã“さãĒいようãĢ、そãŖとベッドからå‡ēãĻキッチãƒŗãĢ向かいぞす。


お鍋をįĢãĢかけ、æē–備しãĻã„ãŸé‡Žčœã‚’äŊŋãŖãĻおå‘ŗå™Œæąã‚’äŊœã‚Šãžã™ã€‚

ごéŖ¯ã€ãƒ‘ãƒŗãĢé–ĸわらず、息子ãĢは毎朝おå‘ŗå™Œæąã‚’éŖ˛ãžã›ã‚‹ã‚ˆã†ãĢしãĻいぞす。

おå‘ŗå™ŒæąãŒå‡ēæĨるぞでã‚ĩãƒƒã¨ã‚ˇãƒŖワãƒŧを済ぞせぞす。

あそこからは息子ぎ吐きå‡ēしたį˛žæļ˛ãŒæĩã‚Œå‡ēしぞす。

čƒ¸ã‚„ãŠå°ģ、そしãĻあそこを丁寧ãĢ洗いæĩ´åŽ¤ã‚’å‡ēぞす。

éĄãŽå‰ãĢはいつもと違うč‡Ē分がいる気がしぞす。

į€æ›ŋえを済ぞせ、2éšŽãŽæ¯å­éƒ¨åą‹ãĢčĄŒãã¨ãžã æ¯å­ã¯ããŖすり寝ãĻいぞした。





ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€æœã”ã¯ã‚“å‡ēæĨるよ。čĩˇããĻéŖŸãšãĻ。」

「う〜ん、わかãŖたぁ。」

気だるそうãĢčĩˇãå§‹ã‚ã‚‹æ¯å­ã€‚

īŧˆé ‘åŧĩãŖたからį–˛ã‚ŒãĻるぎね。īŧ‰

愛しさがæēĸれãĻきぞす。

キッチãƒŗãĢæˆģり掋りぎおかずをäŊœã‚Šãžã™ã€‚
į–˛ã‚ŒãĻいる息子ぎためãĢ、į˛žãŒã¤ãæœéŖŸã‚’。

そろそろ朝éŖŸãŽæē–備が整い始めたとき、息子がįœ ãã†ãĢダイニãƒŗグãĢéĄ”ã‚’å‡ēしぞした。

向かい合ãŖãĻ椅子ãĢåē§ã‚Šã€å‡ēæĨįĢ‹ãĻぎ朝éŖŸã‚’頂きぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€äģŠæ—Ĩはå‡ē掛けるīŧŸã€

「äģŠæ—ĨはåŽļãĢいるつもりだよ。あ、ã‚ŗãƒŗビニãĢã¯čĄŒãã‹ãĒ。」





「じゃあ、朝éŖŸéŖŸãšãŸã‚‰ã‚ˇãƒŖワãƒŧæĩ´ãŗãĒさいね。čēĢäŊ“ベã‚ŋベã‚ŋしãĻるでしょうīŧŸã€

「うん、そうだね。母さんは済ぞせたぎīŧŸã€

「うん、čģŊくね。」

「ねぇ、母さん、一įˇ’ãĢおéĸ¨å‘‚å…ĨらãĒいīŧŸã€

「一įˇ’ãĢīŧŸã€

「うん。母さんもゆãŖくりおéĸ¨å‘‚å…ĨãŖたらいいんじゃãĒいīŧŸäģŠæ—Ĩはäģ•äē‹äŧ‘ãŋでしょīŧŸã€

「そうね、じゃあ、おéĸ¨å‘‚æē–備するね。」


æ¯å­ãŽč€ƒãˆãĻることはわかりぞす。

ぞたおéĸ¨å‘‚でâ€Ļ。

けお、į§ã¯å–œã‚“でバ゚ãƒĢãƒŧムぎ掃除ãĢ向かいぞす。

đŸŒšå‚åŠ ä¸­ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°đŸŒš

ブログをčĻ‹ãĢæĨãĻ頂いたときは下ぎバナãƒŧをクãƒĒックしãĻくださいね❤ī¸












゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

No title

ä¸­ã€…čĄæ’ƒįš„ãĒãŠčŠąã§ã™ã­ã€‚
イマジネãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗã™ã‚‹ã¨čˆˆåĨŽã—ぞす。
į§ã‚‚äŊ“験ブログをやãŖãĻいぞすぎで
厜しければ一åēĻブログãĢ遊ãŗãĢいらしãĻ下さい。
ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: