FC2ブログ

朝の痴態

息子が見ている前で、一弥君に抱かれています。

息子は拳を握りしめて我慢しているようでした。

彼が精液放ったと同時に、お腹に新しい命が宿った事を悟りました。

そんな夢を見ました。

きっと昨夜のプロポーズのせいです。

(私は一弥君を…。)

ふと、そう思ったとき、恥ずかしい部分に違和感を感じました。

触れて確かめるまでもなく、溢れさせていました。

寝室を出て、リビングに向かいます。

朝食の準備をするために起きたのですが、身体は違う準備を整えていました。

(もうしないつもりだったのに…。)

息子を起こすにはまだまだ時間早過ぎました。

そっと指先を秘部に這わせてからは、もう駆け上がるだけでした。

「あっ、あっ、あっ。」

声を押し殺しながら、絶頂に登り詰めます。

登り詰める間、彼の…、一弥君の事が浮かびました。

「はぁ、はぁ、はぁ。」

いけない事をしてしまった。

その背徳感から逃げたくて、ツイッターに囁きます。

フォロワーの方は皆、仕方ないよ、と許してくれます。

それが私の気持ちを救ってくれます。

けど、更に私を困らせる方もいました。






毎日のように射精シーンを動画で送ってこられる方々がいます。

その中のお一人が動画の中で囁きます。

「恵子はまだ満足していないはずだよ。これを彼のペニスと思ってもう一度オナニーをしてみなさい。」

優しい声で囁きながら、ご自慢の怒張をゆっくりと上下させています。

恵子、恵子と囁きながら、先から溢れた男性の蜜で潤わせ、動きを加速させていきます。

それに魅入られるように私の片方の手は下腹部へ…。

グチャグチャと音を立てながら、まだ登り詰めていきます。

何度か動画を再生していると新たな動画が送られてきました。

私の肖像画を印刷し、それを目がけて怒張を激しく動かしています。

「彼は本物の恵子の写真を見がながら毎日こうやってるはずだよ。ほら、恵子、イクよ。うあっ。」

私の顔が見えなくなるくらい大量に精液が放たれました。

(一弥君も、こんなことを…。)

動画には顔は写されていません。

FC2ライブ

それが尚更、彼とのイメージをダブらせます。

射精シーンを見ながら、すぐ2度目の絶頂を迎えました。

(そろそろ朝の準備をしないと…。)

気怠るい身体を起こしながら、食事の準備を始めました。

けど、フォロワーの方は許してくれません。

また別の方が囁きます。

まだ満足出来てないでしょ?、と。

見透かされています。

息子に抱かれたらもっと満たされる、そう思って我慢していたからです。

3度目は躊躇はありませんでした。

一心不乱に突起の部分を虐め、果てました。

息子が熱を出して寝ている間、母は何も気付かず、別の男性の思うままに快楽を貪っていました。

いやらしい身体になってしまったことを感じるとともに、昔の記憶が蘇ります。

全てを告白し、懺悔しなくてはなりません。

息子には決して告げられない裏切りを…。


🌹参加中のブログランキング🌹

ブログを見に来て頂いたときは下のバナーをクリックしてくださいね❤️










スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 人妻・熟女・奥様・若妻・お母さん・近親相姦エロ動画
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secre

ランキング

プロフィール

恵子

Author:恵子
恵子(42歳)です。
以前は、下に書いたような暮しをしていました。
しかし、ある事がきっかけで息子(21歳)と2人で暮しています。
今は夫婦同然の毎日を送っています。

---過去のプロフィール---
主人と息子の3人暮らしをしております。
平凡な家庭でした。
しかし、3年前から息子と男女の関係を持ってしまいました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
訪問者数
メール

名前:
メール:
件名:
本文: