FC2ブログ

おå°ģぎ重さを刊į”¨ã—ぞす

「ああãŖ、イッ、くぅ、あãŖ、あãŖ。」

子厎åŖãĢ達したįžŦ間、į™ģã‚ŠčŠ°ã‚ãžã—ãŸã€‚

息子ãĢ倒れかかりぞす。

母をしãŖã‹ã‚Šã‚’æŠąãã—ã‚ã€čŊãĄį€ããŽã‚’åž…ãŖãĻくれぞす。

「はぁ、はぁ、はぁâ€Ļ。」

あãŖという間ãĢįĩļ頂ãĢ達しãĻしぞい、į”ŗしč¨ŗãĒã„æ°—æŒãĄãĢãĒりぞす。





čēĢäŊ“ã‚’čĩˇã“し、ぞたキ゚ぎ雨を降らせぞす。

į§ã‚’導いãĻくれるä¸ģäēēが愛しくãĻたぞりぞせん。

チãƒĨ、チãƒĨ、チãƒĨã€ã¨å”‡ã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€é Ŧã‚„éĄã€ãžãļた、č€ŗぞでキ゚をしぞす。

é•ˇã„éĢĒãŒã€æ¯å­ãŽéĄ”ãĢぞとわりつきぞす。

息子はすずãĻį§ãŽã‚‚ぎ、そう全čēĢã§čĄ¨įžã—ãĻいるようãĢ思いぞした。

įĩļ頂ぎäŊ™éŸģが少し収ぞãŖãĻからは、ゆãŖくりキ゚をしãĒãŒã‚‰ã€æ¯å­ãŽä¸Šã§č…°ã‚’æŒ¯ã‚Šãžã™ã€‚

上半čēĢã¯æŠąãã¤ããĒがら、おå°ģをæĩŽã‹ã›ã€čŊとす。

äŊ•åēĻもäŊ•åēĻもįš°ã‚Ščŋ”しぞす。

「母さんぎ大きãĒおå°ģぎ重さでå‹ĸã„ãŒãžã™ã‹ã‚‰å‡„ãæ°—æŒãĄã„ã„ã‚ˆã€‚ã€

ぞだ母さんと晎通ãĢå‘ŧばれãĻいた頃、息子ãĢã‚ˆãč¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞした。





äģŠã‚‚こぎäŊ“äŊã¯å¤§åĨŊきãĒようです。

下半čēĢは母ãĢäģģã›ã€æ¯å­ã¯čƒ¸ã‚’æ‰ã‚“ã§ããžã™ã€‚

息子ぎ大åĨŊきãĒおãŖãąã„ã§ã™ã€‚

母äšŗがå‡ēé›ŖかãŖたこともあり、čĩ¤ã‚“坊ぎときは与えるäē‹ãŒå‡ēæĨぞせんでした。

けお、そぎおかげでåŊĸã‚‚č‰˛ã‚‚å´Šã‚Œãšã€å¤§ãããĒãŖた息子をæē€čļŗさせãĻあげられãĻいぞす。

čƒ¸ã‚’ã„ã˜ã‚ã‚‰ã‚Œã€å­åŽŽã‚’įĒãä¸Šã’られãĻいぞす。

æ„č­˜ãŒįœŸãŖį™ŊãĢãĒるぎãĢ、それãģおぎ時間はåŋ…čĻã‚りぞせんでした。

母がį™ģã‚ŠčŠ°ã‚ãŸãŽã‚’čĻ‹åąŠã‘ると、ä¸ģäēēはäŊ“äŊã‚’変え、母をæ¨Ē向きãĢしぞす。

į‰‡č„šã‚’ä¸Šã’ã•ã›ã‚‰ã‚Œã€åžŒã‚ã‹ã‚‰ä¸˛åˆēしãĢされぞす。

下からはグチョ、グチョと卑įŒĨãĒéŸŗãŒčžã“ãˆãžã™ã€‚





äŊ•åēĻもæŗĸがæŠŧし寄せãĻきぞす。

もうäŊ•å›žį›ŽãŽįĩļ頂かもわかりぞせん。

けお、ä¸ģäēēが射į˛žã—たįžŦ間ははãŖきりわかりぞした。

č‚Šã‚’į”˜å™›ãŋã•ã‚Œã€čƒ¸ã‚‚åŧˇãæĄã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚

そしãĻčēĢäŊ“ぎåĨĨãĢ渊かい感čĻšãŒåēƒãŒã‚Šãžã—た。

äŊ•å„„かぎį¨ŽãŒæ¯ãĢ撒かれたįžŦ間です。

īŧˆãžãŸã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“を感じãĒがらį”Ÿæ´ģå‡ēæĨるâ€Ļ。īŧ‰

į”Ÿį†ã§ã‚‚ãĒいぎãĢナプキãƒŗをäŊŋį”¨ã—たりと、大変ãĒéĸもありぞす。

けお、į§ã¯æ¯å­ã‚’いつも感じãĻã„ã‚‹æ–šãŒæ°—æŒãĄãŒčŊãĄį€ããžã™ã€‚

息子が寝息をįĢ‹ãĻるぞでåŊŧãŽč…•ãŽä¸­ãĢいぞした。

2äēēぎäŊ“æļ˛ã§æŋĄã‚ŒãĻいる部分を渊かいã‚ŋã‚ĒãƒĢで拭いãĻあげãĻ、寝厤をå‡ēぞした。

1äēēゆãŖくりおéĸ¨å‘‚ãĢå…Ĩりぞす。

それは明æ—Ĩ朝もįļēéē—ãĒčēĢäŊ“で息子をčŋŽãˆã‚‹ãŽãŒä¸€į•Ēぎį›Žįš„でした。


đŸŒšãŠčŠąã‚’æ°—ãĢå…ĨãŖãĻé ‚ããžã—ãŸã‚‰ã“ãĄã‚‰â†“ã‚’ã‚¯ãƒĒックしãĻãã ã•ã„ã­đŸŒš




đŸŒšãžãŸã“ãĄã‚‰ã‚‚ã‚¯ãƒĒãƒƒã‚¯ãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã­đŸŒš
đŸŒšãƒ–ãƒ­ã‚°ãŽãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°ã§ã™đŸŒš




đŸŒšã“ã‚Œã‹ã‚‰ã‚‚åŋœæ´ã—ãĻãã ã•ã„ã­đŸŒš
゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

æŋ€ã—いですねīŧ

息子さん、やãŖãąã‚Šæĩå­ã•ã‚“ãŒč‰¯ã„ã‚“ã§ã™ã­īŧåĨŗぎ子とエッチしたあと、ãĒかãĒかこんãĒãĢæŋ€ã—いã‚ģック゚å‡ēæĨãĒいですよ〰īŧ

ぞるでįŖぎようãĢâ€Ļ

åž…ãĄæœ›ã‚“ã æ„›ãŠã—ã„æ¯å­ã•ã‚“ãŽčēĢäŊ“â€Ļ
ぞるでéŖĸãˆãŸãƒĄã‚šãŽã‚ˆã†ãĢč˛Ēりつくå§ŋがいやらしいですねâ€Ļ
į†Ÿã‚ŒãŸčēĢäŊ“を捊りâ€Ļビクビクį—™æ”Ŗさせâ€Ļį”˜ãã„やらしいåĨŗãŽåŒ‚ã„ã‚’æ”žãĄãĒがらâ€ĻäŊ•åēĻもįĩļ頂するæĩ子さんぎčēĢäŊ“â€Ļ
čĒ­ã‚“でいãĻ そんãĒæĩ子さんが愛おしく感じぞすâ€Ļ

æˇĢらですね

息子さんぎをæŦ˛ã—がãŖãĻる、æĩ子さんがいやらしくãĻį´ æ•ĩですīŧ
ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: