FC2ブログ

母ãƒģæĩ子īŧˆ12īŧ‰ã€€ã€Œåˆã‚ãĻぎįĩļ頂â€Ļ」

【 2015åš´2月 】


1é€ąé–“ã‚’åž…ãŸãšãĢįĩæžœã¯ã‚ã‹ã‚Šãžã—た。

čƒ¸ãŽåŧĩりを感じたįŋŒæ—Ĩ、į”Ÿį†ãŒããžã—た。

息子はå‡ēかけãĻいたぎで、すぐãĢäŧãˆãžã—た。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ãŽčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“はå‡ēæĨãĻãĒかãŖãŸã‚ˆã€‚č‰¯ã‹ãŖたね。」

息子が帰厅するとéģ™ãŖãĻį§ã‚’æŠąãįˇ ã‚ã‚­ã‚šã‚’しãĻくれぞした。

č§Ļれるį¨‹åēĻぎå„Ēしいキ゚です。

åŦ‰ã—さと厉å ĩでæļ™ãŒå‡ēぞした。

しかし、そぎæ—Ĩから息子はį§ã‚’éŋけるį´ æŒ¯ã‚Šã‚’し始めぞした。

ä¸ģäēēがいãĒいときでもį§ãĢčŋĢãŖãĻくることをしぞせん。

最初は、åĻŠå¨ ãŽã“とがあãŖたぎでį§ãĢ気をéŖãŖãĻいるぎかãĒと思ãŖãĻいぞした。

ã‹ã¨č¨€ãŖãĻ、į§ã‹ã‚‰čĒ˜ã†ã“とはしぞせん。

č‡Ēåˆ†ã‹ã‚‰æ¯å­ã‚’æą‚ã‚ã‚‹ã“ã¨ãĢはæŠĩ抗がありぞした。

そぎぞぞæŦĄãŽį”Ÿį†ã‚’čŋŽãˆãĻも、息子ぎ態åēĻは変わりぞせんでした。

2月ももうįĩ‚わる頃ぎことです。

ä¸ģäēēがå‡ēåŧĩでいãĒいときãĢ、勇気をå‡ēしãĻ息子ãĢčžã„ãĻãŋぞした。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ãĒãĢかあãŖたぎīŧŸã€

「おうしãĻīŧŸã€

「ううん、そぎ、最čŋ‘お母さんをéŋけãĻるãŋたいだから。」

「â€Ļ。」

「あぎことがあãŖたから気ãĢしãĻるぎīŧŸã€

「â€Ļ。」

「それとも怖くãĒãŖãĄã‚ƒãŖたīŧŸã€

「â€Ļ母さんはäŋēとã‚ģック゚したいīŧŸã€

「えãŖīŧŸãã‚Œã¯ã€ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“が望むことãĒらäŊ•ã§ã‚‚しãĻあげたいと思うよ。」

「ã‚ģック゚したいīŧŸã€

「うんâ€Ļ。」

「そうãĒんだ。じゃあ、おうしãĻ母さんからčĒ˜ã‚ãĒいぎīŧŸã€

「それはâ€Ļ、æĨずかしいからâ€Ļ。」

「じゃあ、äģŠåēĻは母さんからčĒ˜ãŖãĻよ。」

「えãƒŧ、æĨずかしいよ。」

「å‡ēæĨるよねīŧŸã€

įœŸãŖį›´ãį§ã‚’čĻ‹ã¤ã‚ã‚‹æ¯å­ãŽį›ŽãĢ、į§ã¯é€†ã‚‰ãˆãžã›ã‚“。

「はい。」

「それともう一つ。」

「īŧŸã€

「åĻŠå¨ ã—ãĒかãŖãŸã“ã¨ã¯ã€č‰¯ã‹ãŖたこと、じゃãĒいからね。」

「えãŖīŧŸã€





「äŋēは母さんがåĻŠå¨ ã—ãĻもいいと思ãŖãĻたよ。いや、åĻŠå¨ ã—ãĻæŦ˛ã—いと思ãŖãĻたんだ。」

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€äŊ•č¨€ãŖãĻるぎīŧŸã€

「母さんからåĻŠå¨ ã—ãĻるかもãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãŸã¨ãã€æ­Ŗį›´č¨€ãŖãĻåŦ‰ã—かãŖたんだ。大åĨŊきãĒ母さんがäŋēぎ子䞛をį”ŖんでくれるかもãŖãĻ思うとéŖ›ãŗä¸ŠãŒã‚ŠãŸã„æ°—æŒãĄã ãŖたんだ。」

「â€Ļ。」

「けお母さんから、å‡ēæĨãĻãĒくãĻč‰¯ã‹ãŖたね、ãŖãĻč¨€ã‚ã‚ŒãŸã¨ããĢ、凄くåĢŒãĒæ°—æŒãĄã ãŖたんた。母さんから拒įĩļされた気分だãŖたんだ。」

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“â€Ļ。」

「äŋēだãŖãĻわかãŖãĻるよ。åĻŠå¨ ã—たらおうãĒるかãĒんãĻ。けお、これがäŋēぎæ­Ŗį›´ãĒæ°—æŒãĄãĒんだ。それだけはわかãŖãĻãĻね。」

息子ãĢæŠąãã¤ããžã—ãŸã€‚

åĨŗとしãĻこれäģĨ上åŦ‰ã—ã„č¨€č‘‰ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚

けお、į§é”ãĢã¯č¨ąã•ã‚ŒãĒいことです。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ã”ã‚ã‚“ã­ã€‚ã‚‚ã†ã‚ã‚“ãĒã“ã¨č¨€ã‚ãĒいからね。」

息子ãĢそãŖとキ゚をしぞす。

それãĢåŋœãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĢį§ã‚’åŧˇãæŠąãįˇ ã‚ãĻくれぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ã‚‚ãŖとキ゚しãĻ。」

少し開けãĻいた唇を大きくこじ開けるようãĢæ¯å­ãŽčˆŒãŒå…ĨãŖãĻきぞす。

čˆŒãŒé€™ã„ãžã‚ã‚Šã€į§ãŽåŖ内を隅々ぞでäžĩしãĻいきぞす。

䚅しãļりぎキ゚ãĢčēĢäŊ“がãŗくãŗくと反åŋœã—ぞす。

čˆŒã‚’å¸ã„ä¸Šã’ã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨įĢ‹ãŖãĻいることもå‡ēæĨãĒいくらいです。





ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€å…ĨれãĻâ€Ļ。」

息子ぎéĻ–ãĢ手を回しãĻおねだりする母。

もうåĨŗでしかありぞせん。

「母さん、åŖãĢ手をついãĻ。」

「はい。」

į´ į›´ãĢ垓いぞす。

æ‰‹ã‚’ã¤ãã¨čƒŒåžŒã‹ã‚‰ã‚ēボãƒŗとパãƒŗツを一気ãĢč„ąãŒã•ã‚Œãžã—ãŸã€‚

そしãĻ前č§ĻれもãĒく息子ぎæĩ¸å…Ĩを感じぞした。

「あãŖ、そんãĒâ€Ļ。」

息子はäŊ•ã‚‚č¨€ã‚ãšãĢæŋ€ã—くįĒãä¸Šã’ãĻきぞす。

「あãŖ、あãŖ、あãŖ。」

ã‚ãžã‚ŠãŽæ°—æŒãĄã‚ˆã•ãĢčļŗがã‚Ŧクã‚Ŧク震えぞす。

ã€Œã‚†ã€ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€‚įĢ‹ãŖãĻいられãĒいよ。」

「じゃあ、こãŖãĄãĢį§ģ動しよう。」

息子ãĢäŋƒã•ã‚Œã€ã‚Ŋãƒ•ã‚ĄãƒŧãĢį§ģ動しぞす。

į§ģ動する間もįš‹ãŒãŖたぞぞです。

ようやくã‚Ŋãƒ•ã‚ĄãƒŧãĢį§ģ動し、もたれかかるようãĢ四つん這いãĢãĒり、再ãŗ息子ぎįĒãä¸Šã’を受けぞす。

パãƒŗパãƒŗパãƒŗã¨č‚‰ãŽãļつかり合うéŸŗがéŸŋきぞす。

おãŖãąã„ã‚‚æ¯å­ãŽå‹•ããĢ合わせãĻ前垌ãĢ動きã‚Ŋãƒ•ã‚ĄãƒŧãĢãļつかりぞす。

īŧˆã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ぎ、いつもより大きいīŧŸīŧ‰

少しį—›ã„くらいãĢåĨĨをįĒãä¸Šã’られぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ã„ã¤ã‚‚ã‚ˆã‚Šæŋ€ã—いよ。」

さらãĢæŋ€ã—く息子はįĒãä¸Šã’ãĻきぞす。





「あãŖ、あãŖ、そんãĒãĢしたら、お母さん変ãĢãĒãŖãĄã‚ƒã†ã€‚ã€

「母さんぎ中、䚅しãļりだから、äŋēもæ­ĸぞらãĒいんだ。」

「そ、そんãĒâ€Ļ。あãŖ、うãŖ、ううãŖ。」

「そろそろå‡ēそう。äģŠæ—Ĩは中ãĢå‡ēすよ。」

「あãŖ、あãŖ。」

æŋ€ã—いįĒããĢåŖ°ãŒå‡ēぞせん。

「いいね、æĩ子īŧŸã€

「は、はい。」

čēĢäŊ“ぎåĨĨがきゅãŖとするぎを感じぞす。

射į˛žãĢ向けãĻæ¯å­ãŽč…°ãŒã•ã‚‰ãĢæŋ€ã—く動きぞす。

「ああãƒŧん、あãŖ、あãŖ、あãŖ。」

そぎときです。

頭がįœŸãŖį™ŊãĢãĒるぎを感じぞした。

「い、いやãƒŧ、ああãŖãƒŧ。」

「â€Ļæĩ子ãŖ、イクよ、ううãŖ。」

æ¯å­ãŒč…°ã‚’æŽ´ãŋãĢåĨĨãĢį˛žæļ˛ã‚’æĩã—čžŧんできぞす。

čēĢäŊ“ぎåĨĨãĢį†ąã„もぎを感じãĒがらį§ã¯ã‚Ŋãƒ•ã‚ĄãƒŧãĢ倒れčžŧãŋぞした。

ãã‚Œã‹ã‚‰ãŽæ•°åˆ†é–“ã¯ã‚ãžã‚Šč¨˜æ†ļがありぞせんでした。


đŸŒšå‚åŠ ä¸­ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°đŸŒš

ブログをčĻ‹ãĢæĨãĻ頂いたときは下ぎバナãƒŧをクãƒĒックしãĻくださいね❤ī¸













゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

エロいですねīŧīŧ

į”Ÿį†ãŽæ™‚ãŽčƒ¸ãŽåŧĩりとか、åĨŗæ€§ã‚‰ã—ã„čĄ¨įžã€ã‚¨ãƒ­ã„ですīŧå…ƒãŽæ—Ļé‚Ŗさんとは、エク゚ã‚ŋã‚ˇãƒŧはį„Ąã‹ãŖたんですかīŧŸ

Re: エロいですねīŧīŧ

ありぞせんでした。
もともと、あぞりã‚ģック゚もしぞせんでしたから。

> į”Ÿį†ãŽæ™‚ãŽčƒ¸ãŽåŧĩりとか、åĨŗæ€§ã‚‰ã—ã„čĄ¨įžã€ã‚¨ãƒ­ã„ですīŧå…ƒãŽæ—Ļé‚Ŗさんとは、エク゚ã‚ŋã‚ˇãƒŧはį„Ąã‹ãŖたんですかīŧŸ

čŋ”äŋĄã‚りがとうございぞすīŧ

元ぎæ—Ļé‚Ŗã•ã‚“ã€åŽãŽåąąã‚’å‰ãĢしãĻもãŖたいãĒいことしぞしたねīŧåĨŗ性が感じるį‚ēãĢは、パãƒŧトナãƒŧぎ協力がåŋ…čĻã§ã™ã‚ˆã­īŧ
ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: