FC2ブログ

å¤ĢåŠĻぎäŧščŠąã¯įš‹ãŒãŖたぞぞしぞす

čŒœãĄã‚ƒã‚“ã¨ãƒŠãƒŗチをした時ãĢ気äģ˜ã„たことをä¸ģäēēãĢčžããžã—ãŸã€‚

ä¸ģäēēã‹ã‚‰ã™ã‚‹ã¨ã€å•ã„čŠ°ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã€ã¨æ„Ÿã˜ãŸã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚

2äēēともå…Ĩæĩ´ã‚’済ぞせ、お布å›ŖãĢæ¨ĒãĢãĒりぞす。

これからå¤ĢåŠĻぎå–ļãŋが始ぞりぞす。

そぎ前ãĢä¸ģäēēãĢčŗĒ問をしぞした。

「æĩ子。ぞず、æĩ子ãĢå…Ĩりたいよ。」

「えãŖīŧŸã€

「ずãŖと我æ…ĸしãĻたんだ。įš‹ãŒãŖãĻã‹ã‚‰čŠąãã†ã‚ˆã€‚ã€

断るį†į”ąãĒんãĻ、おこãĢもありぞせん。

「はい、あãĒたâ€Ļ。」

į§ã‹ã‚‰ã‚­ã‚šã‚’しぞす。

ピチãƒŖピチãƒŖとéŸŗがするくらい、最初からæŋ€ã—ãčˆŒã‚’įĩĄã‚ãžã™ã€‚

すぐãĢ十分過ぎるãģおæēĸれãĻくるぎがわかりぞした。





「æĩ子、åŖでしãĻくれるīŧŸäŋēもæĩå­ãŽã‚’čˆã‚ãŸã„ã‹ã‚‰ã€ã“ãŖãĄãĢ動いãĻ。」

69ぎåŊĸãĢãĒりぞす。

äģŠæ—Ĩは、į§ãŒä¸‹ã€ä¸ģäēēが上です。

æœŦåŊ“は69はåĨŊきではありぞせん。

ä¸ģäēēãĢčˆŒã§åˆēæŋ€ã•ã‚Œã‚‹ã¨ã€ä¸ģäēēをå’ĨえãĻいるäŊ™čŖ•ãŒį„ĄããĒるからです。

それでも、3æ—Ĩãļりぎä¸ģäēēぎペニ゚です。

愛おしむようãĢå‚˜ãŽéƒ¨åˆ†ã‚„å…ˆãŽå‰˛ã‚Œį›Žã‚’čˆŒã§åˆēæŋ€ã—ぞした。

ä¸ģäēēぎ先からも透明ãĒæļ˛ãŒæēĸれãĻきぞす。

「ねぇâ€Ļ。」

つい、おねだりをしãĻしぞいぞす。

į”˜ã„åŖ°ã§ã™ã€‚

それを垅ãŖãĻいたかぎようãĢä¸ģäēēがčĩˇãä¸ŠãŒã‚Šã€æ­Ŗ常äŊãŽäŊ“åˆļãĢ変わりぞす。

「はあぁ、あ、あãĒたぁ。」

ä¸ģäēēぎ大きãĒもぎがå…ĨãŖãĻきぞした。

あãŖという間ãĢ子厎åŖãžã§åąŠãã€æ›´ãĢåĨĨへå…Ĩろうと、æŠŧし上げãĻきぞす。

ä¸ģäēēãŽč…•ã¨ã‚ˇãƒŧツを掴ãŋ、åŋĢ感ãĢč€ãˆãžã™ã€‚

ã€Œã§ã€čžããŸã„äē‹ãŖãĻ、äŊ•īŧŸã€

しãŖかり収ぞãŖたところでä¸ģäēēが問いかけãĻきぞした。

č†Ŗ内ãĢåŧˇįƒˆãĒį•°į‰Šæ„Ÿã‚’感じãĒãŒã‚‰ã€čžããŸã‹ãŖたäē‹ã‚’čŗĒ問しãĻいきぞす。

ã€ŒčŒœãĄã‚ƒã‚“ã¨ã¯ã€ã„ãŖãąã„ã€ã—ãĻる、ぎīŧŸã€

意外そうãĒéĄ”ã§ä¸ģäēēがį­”えぞす。

「えãŖ、おうしたぎ、æ€ĨãĢīŧŸæĩ子はそういうぎはįŸĨりたくãĒいんじゃãĒいīŧŸã€

「少しčĻ‹ãĒい間ãĢ大äēēãŖãŊくãĒãŖãĻたから。あãĒたが選んであげたワãƒŗピãƒŧã‚šã‚‚äŧŧ合ãŖãĻãŸã—ã€č…°å›žã‚Šã‚‚ãĩãŖくらしãĻたから、おうãĒぎかãĒãŖãĻ気ãĢãĒãŖãĻ。あãŖ、もぅ、動かさãĒいで。」

ä¸ģäēēが中でピクãƒŗとさせぞす。

「んãƒŧ、æ­Ŗį›´č¨€ã†ã¨ã€ã—ãĻる、かãĒ。最čŋ‘はį—›ãŒã‚‰ãĒくãĒãŖãŸã—ã€čŒœã‹ã‚‰æĨる時もあるからね。」





「はい、もうわかりぞしたよ。éŋåĻŠã¯ã—ãĻるんでしょうねīŧŸã€

「大丈å¤Ģ、æĩ子を先ãĢåĻŠå¨ ã•ã›ã‚‹ã‹ã‚‰ã­ã€‚」

ãžãŸä¸­ã§č†¨ã‚‰ã‚€ãŽãŒã‚ã‹ã‚Šãžã—ãŸã€‚

「もぅ、そういう、こと、じゃãĒく、ãĻ。」

į§ãŽååŋœã‚’æĨŊしむようãĢ中でピクãƒŗピクãƒŗと意地æ‚ĒをしãĻきぞす。

ã€Œãã‚Œã¨ã€čŒœãĄã‚ƒã‚“ãŽã”ä¸ĄčĻĒãŽã“ã¨ã€‚čŒœãĄã‚ƒã‚“ã‹ã‚‰čžã„ãĻたぎīŧŸã€

「ううん、あれは初めãĻčžã„ãŸã‚ˆã€‚ãĄã‚‡ãŖとビックãƒĒした。これはæĩ子、じゃãĒく母さんãĢį›¸čĢ‡ã ã­ã€‚おうするīŧŸã€

åĻģから母ãĢæˆģされぞす。

母子らしくãĒã„čĄŒį‚ēぎ最中ãĒぎがč‡Ē分でもいやらしいと思いぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€‚čŒœãĄã‚ƒã‚“ã¨ã€įĩåŠšã€ã™ã‚‹ã¤ã‚‚ã‚ŠīŧŸã€

「äŋēã¯čŒœã§ã„ã„ã¨æ€ãŖãĻるよ。母さんともäģ˛č‰¯ã„し、äģ˜ãåˆãŖãĻãĻæ°—æŒãĄãŒæĨŊãĒんだよね。」

ã€ŒãŠæ¯ã•ã‚“ã‚‚ã€čŒœãĄã‚ƒã‚“ãĒã‚‰ã€č¨ąã—ãĻもいいよ。」

ã€Œã˜ã‚ƒã‚ã€čŒœã¨ã¯äēˆåŽšã‚’æąēめãĻおくよ。おうせãĒら母さんも一įˇ’ãĢ原åŽļãĢčĄŒãīŧŸã€

「えãŖīŧŸä¸€įˇ’ãĢīŧŸåŠšį´„å‰ãŽéĄ”åˆã‚ã›ãŋたいじゃãĒいīŧŸã€

「įˇŠåŧĩするīŧŸã€

įˇŠåŧĩもしぞすが、į§ã¨ã—ãĻはä¸ģäēēを手攞すäē‹ã‚’čĒã‚ãĻしぞうことãĢãĒりぞす。

č¤‡é›‘ã§ã™ã€‚

けお、やはり息子ãĢは嚸せãĢãĒãŖãĻæŦ˛ã—いです。

「じゃあ、ごčŋˇæƒ‘じゃãĒかãŖãŸã‚‰ã€ãŠæ¯ã•ã‚“ã‚‚čĄŒã“ã†ã‹ãĒ。」

ã€Œã˜ã‚ƒã‚ã€čŒœãĢčžã„ãĻおくよ。」

一気ãĢįžåŽŸã‚’įĒãã¤ã‘られた気分です。

けお、それをåŋ˜ã‚Œã•ã›ã‚‹ã‹ãŽã‚ˆã†ãĢ、čēĢäŊ“ぎ中ぎもぎが動き始めぞす。

「あãŖã€ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ãžã ã€å‹•ã„ãĄã‚ƒâ€Ļ。」

「もうčŗĒ問はįĩ‚わりでいいでしょīŧŸãã‚ãã‚æˆ‘æ…ĸå‡ēæĨãĒいよ。」

æœŦåŊ“ã¯ãžã čžããŸã„äē‹ãŒã‚りぞす。





けお、それがおうでもよくãĒるくらい、息子ぎ動きがåŧˇããĒりぞす。

「うん、いいよ。あãĒたâ€Ļ、しãĻâ€Ļ。」

「æĩ子â€Ļ。」

こぎ先ãĢã€č¨€č‘‰ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã§ã—ãŸã€‚

パチãƒŗ、パチãƒŗã¨č‚‰ãŒãļつかるéŸŗ。

グチãƒĨグチãƒĨとäŊ“æļ˛ã¨į˛˜č†œãŒäē¤ã‚ã‚‹éŸŗ。

そしãĻ、åĻģãŽã„ã‚„ã‚‰ã—ã„åæ¯ã¨æ­“å–œãŽæ‚˛éŗ´ã ã‘ãŒéƒ¨åą‹ãĢéŸŋいãĻいぞした。

įĩåą€ã€2åēĻ、中ãĢæŗ¨ãŒã‚Œãžã—た。

1回į›Žã‚’įĩ‚え、一å‘ŧ吸įŊŽã„ãĻすぐãĢ2åēĻį›ŽãŒå§‹ãžã‚Šãžã—た。

「えãŖ、もうæŦĄãĒぎīŧŸã€

ãã†č¨€ã†ã¨åŊŧはį­”えぞした。

「äģŠé€ąã¯æœŦåŊ“ãĢåŋ™ã—くãĻさ。」

į§ã¨æ°´æ›œæ—ĨãĢしただけで、あとはæœŦåŊ“ãĢįĻæŦ˛ã ãŖたãŋたいですâ€Ļ。

明æ—ĨからもãŖとå°ŊくさãĒいといけãĒい、そうåŋƒãĢčĒ“いぞした。


đŸŒšå‚åŠ ä¸­ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°đŸŒš

ブログをčĻ‹ãĢæĨãĻ頂いたときは下ぎバナãƒŧをクãƒĒックしãĻくださいね❤ī¸












゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

æēœãžãŖãĻたんですねīŧ

č‰¯ã‹ãŖたですねīŧãã‚ŒãĢしãĻも、åŋ™ã—いã‚ģック゚でしたねīŧ(įŦ‘)äģ˛ãŽč‰¯ã•ãŒäŧã‚ã‚Šãžã™ã€‚

No title

įš‹ãŒãŖたぞぞかいわだãĒんãĻ、ãĒんãĻエロいですか、įž¨ãžã—いですねīŧ

これからぎことâ€ĻいろいろあãŖãĻ大変かもしれãĒいけおâ€Ļ
䚅しãļりãĢæ—Ļé‚Ŗさんč‡ĒčēĢを感じãĻâ€ĻよかãŖたですねâ€Ļīŧ

įŽĄį†äēēぎãŋ閲čĻ§ã§ããžã™

こぎã‚ŗãƒĄãƒŗトはįŽĄį†äēēぎãŋ閲čĻ§ã§ããžã™

Re: No title

į´ æ•ĩãĒį”ˇæ€§ãĒら、ですか。
į§ãĢとãŖãĻį´ æ•ĩãĒį”ˇæ€§ãĒら、そうãĒるかもしれぞせんね。

> æˇĢäšąãŖãĻč¨€ã†ãŽã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚ãã‚Œã¨ã‚‚åŋĢæĨŊãĢčēĢを委ねるäē‹ãĢ構わãĒã„ã‚‚č¨€ã†ã‹é–‹æ”žįš„ãĒぎかīŧŸã€€ã‚‚しかしãĻį§ã¨ã§ã‚‚å‡ēæĨるぎではとも思ãŖãĻしぞいぞすが。įĩåą€į´ æ•ĩãĒį”ˇæ€§ãĢæą‚ã‚ã‚‰ã‚Œã‚Œã°æ–­ã‚ŒãĒã„ã‚“ã§ã™ã­ã€‚ãĄã‚‡ãŖとåŋƒé…ãĢãĒりぞすね。
ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: