FC2ブログ

母ãƒģæĩ子īŧˆ17īŧ‰ã€€ã€Œæ¯å­ãŽčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“ã‚’åŽŋしぞすâ€Ļ」

【 2015åš´5月 】


「čĩ¤ãĄã‚ƒã‚“がæŦ˛ã—いãĒ。」

「えãŖīŧŸã€

「æĩ子ãĢäŋēぎ子䞛をį”ŖんでæŦ˛ã—い。」

「ええãŖ、だめだよ。そんãĒâ€Ļ。」

ベッドで2äēēでくつろいでいると息子がæ€ĨãĢそんãĒã“ã¨ã‚’č¨€ã„å§‹ã‚ãžã—ãŸã€‚

もしåĻŠå¨ ã—たら大変ãĒことãĢãĒりぞす。

ã‚‚ãĄã‚ã‚“å‡ēį”ŖãĒんãĻとんでもãĒいです。

ã€Œæ°—æŒãĄã¯åŦ‰ã—いけお、それはだめよ。」

「おうしãĻīŧŸäŋēãŸãĄã¯å¤ĢåŠĻだよ。」

「そうだけお、そぎ前ãĢčĻĒ子ãĒぎよ。バãƒŦたら大変ãĒことãĢãĒるぎよ。」

「じゃあ、バãƒŦãĒければいいんだねīŧŸã€





åĻŠå¨ ãŒãƒãƒŦãĒいãĒんãĻことはありぞせん。

けお、息子からå‡ēãŸč¨€č‘‰ã¯čĄæ’ƒįš„でした。

「įˆļさんと時々ã‚ģック゚したらいいんだよ。」

「えãŖ、そんãĒã“ã¨ã—ãŸã‚‰ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ãŽåŧŸã‹åĻšãĢãĒãŖãĄã‚ƒã†ã‚ˆīŧŸã€

「だから、そうãĒらãĒいようãĢæĩ子は厉全æ—ĨãĢįˆļさんとする。」

「えãŖīŧŸã€

「そしãĻ、äŋēã¨ã¯åąé™ēæ—ĨãĢã‚ģック゚する。こうすればバãƒŦãĒいようãĢäŋēぎ子䞛をį”Ŗんでもらうことがå‡ēæĨるよ。」

įĸēかãĢそうではあるぎですがâ€Ļ。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ãã‚Œã¯ãã†ã ã‘ãŠã€é›Ŗしいよ。」

「おうしãĻīŧŸã€

「įŸĨãŖãĻると思うけお、おįˆļさんとはもうäŊ•åš´ã‚‚しãĻãĒいぎよ。」

「うん、įŸĨãŖãĻるよ。」

「それãĢ、äģŠæ›´ã€ãŠįˆļさんとãĒんãĻâ€Ļ。おįˆļさんもしãĒいと思うよ。」

「æĩ子はおうãĒぎīŧŸã€

ä¸ģäēēãĢæŠąã‹ã‚Œã‚‹ãĒんãĻæƒŗ像しãĻぞせんでした。

č€ƒãˆãŸã ã‘ãĻ、気æĨずかしくãĒりぞす。

感じるかもわかりぞせん。





きãŖとä¸ģäēēも同じです。

「わからãĒいよ。」

「じゃあ、äŋēぎ子䞛をį”Ŗãŋたいと思うīŧŸã€

「それはâ€Ļ、思うよ。」

「じゃあ、į”ŖんでæŦ˛ã—い。」

「えãŖâ€Ļ。」

「įœŸéĸį›ŽãĢ言ãŖãĻるぎはわかるよねīŧŸã€

「えãŖ、けおâ€Ļ。」

「だから、įˆļさんãĢæŠąã‹ã‚ŒãĻ。」

「おうやãŖãĻīŧŸãŠįˆļã•ã‚“ã‹ã‚‰æŠąã„ãĻくるãĒんãĻずãŖとãĒいぎよīŧŸã€

「æĩ子がčĒ˜ãŖãĻãŋãĻ。」

「えãŖã€ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã¯åšŗ気ãĒぎīŧŸãŠæ¯ã•ã‚“ãŒã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“äģĨ外ぎį”ˇã¨ã™ã‚‹ãŽãŒã€‚」

「åšŗ気ãĒわけãĒいよ。けお、こうするしかãĒいんだ。こうしãĒいとæĩ子を不嚸ãĢしãĻしぞうから。」

「うãƒŧんâ€Ļ。」

「æĩå­ã€ãŠéĄ˜ã„ã ã‚ˆã€‚ã€

「もうâ€Ļ、すぐãĢはå‡ēæĨãĒいよ。ã‚ŋイミãƒŗグだãŖãĻé›Ŗしいし。」

ã€Œã‚‚ãĄã‚ã‚“ã ã‚ˆã€‚åĻŠæ´ģ頑åŧĩろうね、æĩ子。」

「ん、もうâ€Ļ。」

ついãĢ息子ぎ子をåŽŋすためぎį´„束をさせられãĻしぞいぞした。

もしæœŦåŊ“ãĢåŽŋしãĻしぞãŖたらâ€Ļ。

ã‘ãŠã€ä¸æ€č­°ã§ã™ã€‚

怖さより、期垅が大きいぎです。

息子ぎčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“ã‚’į§ãŒį”Ŗむ。

しãĻはいけãĒã„čĄŒį‚ēですが、そぎæ—Ĩからį§ã¯ã“う思いįļšã‘ãĻぞす。

旊くゆうぎčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“ãĢäŧšã„たい、と。


đŸŒšå‚åŠ ä¸­ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°đŸŒš

ブログをčĻ‹ãĢæĨãĻ頂いたときは下ぎバナãƒŧをクãƒĒックしãĻくださいね❤ī¸












゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

息子さん

息子さん、æ‚Ēいį”ˇã§ã™ã­ã€°īŧ(įŦ‘)でも、それãĢåŋœãˆã‚‹æĩ子さん、ã‚Ģワイイですīŧã‚ˆã‘い魅力を感じぞすīŧ

Re: 息子さん

æ‚Ēいぎはį§ã§ã™ã‚ˆã€‚

> 息子さん、æ‚Ēいį”ˇã§ã™ã­ã€°īŧ(įŦ‘)でも、それãĢåŋœãˆã‚‹æĩ子さん、ã‚Ģワイイですīŧã‚ˆã‘い魅力を感じぞすīŧ

čŋ”äŋĄã‚ŗãƒĄãƒŗトありがとうございぞすīŧ

それだけį”ˇã‚’惑わせるæĩ子さんぎ魅力がæ‚Ēいīŧ(įŦ‘)
ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: