FC2ブログ

母ãƒģæĩ子īŧˆ18īŧ‰ã€€ã€Œæ¯å­ã¨åĻŠæ´ģâ€Ļ」

【 2015åš´5月 】


「あãĒた、これでいいですかīŧŸã€

「もãŖと、おå°ģを上ãĢ向けãĻ。そう、そぎぞぞぎå§ŋå‹ĸを動かさãĒいようãĢね。」






äģ°å‘けãĢãĒã‚Šã€č…°ãĢ枕をįŊŽã„ãĻ、おå°ģをéĢ˜ãä¸Šã’ぞす。

息子ぎį˛žæļ˛ãŒå­åŽŽãŽåĨĨãĢ染ãŋčžŧむようãĢâ€Ļ。

åĻŠå¨ ã‚’望むå¤ĢåŠĻãŒčĄŒã†čĄŒį‚ēです。

ããŽčĄŒį‚ēを息子ぎį›ŽãŽå‰ã§æ¯ãŒčĄŒãĒãŖãĻいぞす。

母ぎ子厎ãĢは息子ぎ新鎎ãĒį˛žæļ˛ãŒæĩã—čžŧぞれãĻいぞす。

ただし、åĻŠå¨ ã¯ã—ぞせん。

もうすぐį”Ÿį†ãŒæĨるからです。





ã“ã‚Œã¯æ¯å­ã‹ã‚‰ãŽææĄˆã§ã™ã€‚

「æĩ子がåĻŠå¨ ã—ãĻã‚‚č‰¯ããĒãŖたときぎためãĢįˇ´įŋ’しãĻおくからね。」

ä¸ģäēēとã‚ģック゚したあとãĢ、息子とã‚ģãƒƒã‚¯ã‚šã‚’čĄŒã„ã€į§ã‚’įĸē原ãĢåĻŠå¨ ã•ã›ã‚‹ãŸã‚ãŽįˇ´įŋ’です。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ãã‚“ãĒことぞでしãĒくãĻもâ€Ļ。」

「あãĒた、でしょīŧŸã€

「うん。」

「æĩå­ãŒč¨€ã„ãŸã„ã“ã¨ã¯ã‚ã‹ã‚‹ã‚ˆã€‚įˆļさんといつするかもわからãĒいぎãĢそんãĒįˇ´įŋ’するåŋ…čĻãŒã‚るぎかãŖãĻことだよねīŧŸã€

「うん。それãĢ原ぎčĻĒ子でåĻŠå¨ ãĒんãĻâ€Ļ。」

「åŋƒé…ãĒいよ。これはįˇ´įŋ’ãĒんだから。」

「うãƒŧんâ€Ļ。įˇ´įŋ’だけね。」

「それと、æĩ子ãĢã‚‚ã†ä¸€ã¤ãŠéĄ˜ã„ãŒã‚ã‚‹ã‚“ã ã€‚ã€

「えãŖ、äģ–ãĢもあるぎīŧŸã€

「うん、įˇ´įŋ’がįĩ‚わãŖãŸã‚‰čŠąã™ã­ã€‚ã€

ãã†č¨€ã†ã¨ã€æ¯å­ã¯į§ãĢキ゚をしãĻきぞした。

čˆŒã‚’įĩĄã‚ã€æ¯ãŒå‡ēæĨãĒいãģおãĢé•ˇãåŧˇãã€åŖ内を這い回りぞす。

「はぁ、はぁ、あãĒた、息がâ€Ļ。」

「æĩ子はåĨŊきでしょ、åŖぎ中をæŽģき回されるキ゚。」

į§ãŽæ„Ÿã˜ã‚‹éƒ¨åˆ†ã‚’すずãĻį†ŸįŸĨしãĻいぞす。

「ãģら、こんãĒãĢæŋĄã‚ŒãĻきたよ。」

あそこãĢ指を這わせると、æēĸれãĻã„ã‚‹čœœã‚’æŒ‡ãĢįĩĄã‚ã€į§ãĢčĻ‹ã›ã¤ã‘ぞす。

「æĨずかしいよ。」

「æĩ子はキ゚をされるとおぞんこが一į•ĒæŋĄã‚Œã‚‹ã­ã€‚」





čēĢäŊ“ぎおぎ部分を愛æ’Ģされるより、息子ãĢåŧˇãã‚­ã‚šã‚’されるとæŋĄã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ã§ã™ã€‚

「もうすぐãĢでもå…Ĩるね。」

「â€Ļはい。」

「じゃあ、å…Ĩれるよ。」

į§ãŽč„šã‚’大きく開かせると、息子は反りįĢ‹ãŖãĻいるもぎをį§ãŽä¸­åŋƒãĢæˇģえ、ゆãŖãã‚Šã¨č…°ã‚’čŊとしãĻきぞす。

č‚‰ã‚’ã“ã˜é–‹ã‘ã‚‰ã‚‹æ„ŸčĻšãĢäģ°ã‘反ãŖãĻ反åŋœã—ぞす。

「う、ううãŖ。」

「æĩ子、į—›ã„īŧŸã€

「ううん、大丈å¤Ģ。」

æŋĄã‚ŒãĻはいぞすが、指で前戯をされãĻいãĒいぎでåĨĨはį‹­ã„ぞぞです。

ですが、そぎせいで息子ぎペニ゚がゆãŖくりäžĩå…ĨしãĻくる感č§Ļがより鎎明ãĢčēĢäŊ“ãĢäŧã‚ã‚Šãžã™ã€‚

「う、ううãŖ、ああãŖ、んãŖ。」

åĨĨãĢåąŠã„ãĻも、さらãĢæˇąãé€˛ã‚‚ã†ã¨ã™ã‚‹ãƒšãƒ‹ã‚šãĢčēĢäŊ“が震えぞす。

「åĨĨぞでå…ĨãŖたね。」

「はい。ん、んんãŖ。」

子厎をæŠŧã—ä¸Šã’ã‚‰ã‚ŒãŸãžãžã€å”‡ã‚’åĄžãŒã‚Œãžã™ã€‚

č…°ã‚’å‹•ã‹ã•ãšã˜ãŖくりキ゚をされぞす。

į§ã¯ã“ぎ時間が大åĨŊきです。

息子もそれがわかãŖãĻいるようãĢ、時間かけãĻたãŖãˇã‚Šã¨ã‚­ã‚šã‚’ã—ãĻくれぞす。

「はぁ、はぁ、あãĒたぁ、そろそろâ€Ļ。」

「ãĒぁãĢ、æĩ子īŧŸã€

「う、動いãĻ、くださいâ€Ļ。」

æ¯ãŽã„ã‚„ã‚‰ã—ã„æ‡‡éĄ˜ã‚’åˆå›ŗãĢ息子はゆãŖくりとペニ゚をåŧ•ãæŠœããžã™ã€‚

そしãĻ抜けそうãĢãĒるį›´å‰ãĢč…°ã‚’čŊとし、ペニ゚ぎ先で子厎åŖãĢキ゚をしãĻきぞす。

éŗĨč‚ŒãŒįĢ‹ã¤ãģお、ゆãŖくりゆãŖくり母ぎč†Ŗ内を垀垊しぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€æ°—æŒãĄã„ã„â€Ļ。」

äŊ•ã‚‚č€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãĒくãĒるãģお、åŋĢæĨŊがčēĢäŊ“を支配しぞす。





つい、息子ぎ名前をå‘ŧんでしぞいぞす。

「æĩå­ã¯æ°—æŒãĄč‰¯ããĒるとå¤ĢåŠĻであることをåŋ˜ã‚Œã‚‹ãŋたいだね。」

「ごめんね。」

「いいよ。ãģら、æĩ子、åŖを開けãĻčˆŒã‚’å‡ēしãĻ。」

「は、はいãŖ。」

息子がæēœã‚ãŸå”žã‚’į§ãŽåŖãĢ垂らしãĻきぞす。

喉をéŗ´ã‚‰ã—ãĻ息子ぎ唞æļ˛ã‚’éŖ˛ãŋčžŧãŋぞす。

「æĩ子はいやらしいね。」

æ¯å­ãŽč…°ãŽå‹•ããŒæ€Ĩæŋ€ãĢ速くãĒりぞす。

æ¯å­ã‚‚čˆˆåĨŽã—ãĻいるようです。

「はぁ、はぁ、æĩ子、もう一åēĻだよ。」

「はãŖâ€Ļ。」

æŋ€ã—いįĒãä¸Šã’ãĢčŋ”äē‹ã‚‚上手くできぞせん。

åŖã‚’é–‹ã‘čˆŒã‚’å‡ēすį›´å‰ãĢ息子から2回į›ŽãŽå”žæļ˛ãŒæŗ¨ãŒã‚Œãžã™ã€‚

「あãŖ、あうãŖ、ううãƒŧãŖ。」

全部å…Ĩりきらず、åŖぎįĢ¯ã‹ã‚‰å”žæļ˛ãŒæēĸれå‡ēぞす。

「æĩå­ã€æ°—æŒãĄč‰¯ããĻよだれをæĩã—ãĻいるãŋたいだよ。可愛いよ。」

į§ãŽį—´æ…‹ãĢぞすぞすæŦ˛æƒ…したようです。

æ¯å­ãŽč…°ãŒä¸€æŽĩと速ぞりぞす。

「ああãƒŧãŖ、あãŖ、あãŖ、あãŖ。」

æŋ€ã—いåŋĢæĨŊãĢåĢãŗåŖ°ã‚’上げる母。

ã‚ãã“ã‹ã‚‰ã¯ãƒ“ã‚ˇãƒŖãƒ“ã‚ˇãƒŖといやらしいæļ˛ãŒæēĸれãĻいるéŸŗãŒčžã“ãˆãžã™ã€‚

ã€Œã‚†ã€ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€æ¯ã•ã‚“ã€ã‚‚ã†ã ã‚ã€ãŠã‹ã—ããĒãŖãĄã‚ƒã†ã€‚ã€

「け、æĩ子、äŋēもいきそうだよ。」

å¤ĒももがčēĢäŊ“ãĢäģ˜ããã‚‰ã„ãĢčēĢäŊ“ã‚’æŠ˜ã‚Šæ›˛ã’ã€į§ãŽã‚そこが上を向くようãĢäŊ“äŊã‚’変えぞす。





č†ŖåŖからį˛žæļ˛ãŒæĩã‚Œå‡ēさãĒいようãĢįœŸä¸Šã‹ã‚‰æŗ¨ãŽčžŧむようです。

「あãŖ、あãŖ、あãŖ、い、イクぅぅ。」

「äŋēも、å‡ēるよãŖ。」

ãƒšãƒ‹ã‚šãŽč†¨ã‚‰ãŋを感じたįžŦ間、åĨĨãĢ渊かさを感じぞす。

īŧ’åēĻ、īŧ“åēĻと息子がį§ãŽå­åŽŽãĢį˛žæļ˛ã‚’æŗ¨ãŽčžŧãŋぞす。

į§ãŽč†Ŗも、息子ぎį˛žæļ˛ã‚’搞り取ろうとキãƒĨッキãƒĨッと収į¸Žã—ぞす。

「はぁ、はぁ、はぁ。」

2äēēãŽäšąã‚ŒãŸå‘ŧå¸ã ã‘ãŒéƒ¨åą‹ãĢéŸŋきぞす。

å‘ŧ吸を整えãĒã„ã†ãĄãĢ息子がį§ãĢčĒžã‚Šã‹ã‘ぞす。

ã€Œã“ãŽãžãžč…°ã‚’ä¸Šã’ãĻ、åĨĨãĢ染ãŋčžŧむようãĢするんだよ。」

「あãĒた、これでいいですかīŧŸã€

「もãŖと、おå°ģを上ãĢ向けãĻ。そう、そぎぞぞぎå§ŋå‹ĸを動かさãĒいようãĢね。」

æ¯å­ãŒæž•ã‚’č…°ãĢæˇģえ、手で支えãĻくれぞす。

「æĩ子をåĻŠå¨ ã•ã›ã‚‹ã¨ãã¯ã“ã‚“ãĒ感じãĢするからね。」

「はい。」

「äģŠæ—ĨはもうæĨŊãĒæ ŧåĨŊãĢãĒãŖãĻいいよ。įˇ´įŋ’だからね。」

č„šã‚’ä¸‹ã‚ã—ã€äģ°å‘けãĢãĒりぞす。

晎æŽĩはį˛žæļ˛ãŒæĩã‚Œå‡ēãĻきぞすがäģŠæ—Ĩはぞだå‡ēãĻきぞせん。

上向きでæŗ¨ãŒã‚Œã€ã•ã‚‰ãĢč…°ã‚’ä¸Šã’ãĻいたことで子厎ぎ中ãĢ全部æēœãžãŖãĻいるぎだと思いぞす。

īŧˆåąé™ēæ—ĨãĢこんãĒことされたらすぐåĻŠå¨ ã—ãĻしぞうかもâ€Ļ。īŧ‰

č€ƒãˆãŸã ã‘ã§čēĢäŊ“が震えぞす。





「æĩ子īŧŸã€

「あ、はいīŧŸã€

「おうしたぎ、ãŧãƒŧãŖとしãĻīŧŸã€

ã€Œã†ã†ã‚“ã€åąé™ēæ—ĨだãŖãŸã‚‰ã™ãã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ãŽå­äž›å‡ēæĨãĄã‚ƒã†ãĒãŖãĻč€ƒãˆãĻたぎ。ぞだæĩã‚ŒãĻこãĒいから。」

「やãŖãąã‚Šãã†ãĒんだ、凄いね。」

「おこでčĻšãˆãĻくるぎīŧŸã€

ã€Œãžãã€č‰˛ã€…ã¨ã­ã€‚ã€

「あぞり変ãĒäē‹ã°ã‹ã‚ŠčĻšãˆãĒいでね。受験も控えãĻるんだから。」

「大丈å¤Ģだよ。勉åŧˇã—ãĻるぎはæĩ子が一į•ĒįŸĨãŖãĻるでしょīŧŸæ¨ĄčŠĻぎįĩæžœã‚‚č‰¯ã‹ãŖたからさ。」

ã€Œãã†ã ã‘ãŠã€æ˛šæ–­ã¯ã ã‚ã‚ˆã€‚ã€

「うん、わかãŖたよ。」

こういうところがį´ į›´ã§å¤§åĨŊきです。

「æĩå­ã€ãŠéĄ˜ã„ã‚ã‚‹ãŖãĻ言ãŖたぎčĻšãˆãĻるīŧŸã€

「うん、čĻšãˆãĻるよ。äŊ•ã‹æŦ˛ã—いもぎあるぎīŧŸã€

「ううん、違うよ。」

「ãĒãĢīŧŸã€

息子ぎ態åēĻãĢ不厉がよぎりぞす。

「æĩ子ぎおぞんこをツãƒĢツãƒĢãĢしたい。」

「ええãŖīŧīŧŸã€

息子ぎæŦ˛æœ›ã¯ãŠã‚“おんエ゚ã‚ĢãƒŦãƒŧトしãĻいきぞすâ€Ļ。


đŸŒšå‚åŠ ä¸­ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°đŸŒš

ブログをčĻ‹ãĢæĨãĻ頂いたときは下ぎバナãƒŧをクãƒĒックしãĻくださいね❤ī¸











゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

č¨€ã„ãĒり母ですねīŧ

ムフフ、æŋƒåŽšã§ã™ã­īŧæ¯å­ã•ã‚“はもう、æĩ子さんからé›ĸれられãĒいですねīŧ
ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: