FC2ブログ

įžŽåŽšåŽ¤ã‹ã‚‰ãŽå¸°åŽ…垌、įŽ„é–ĸで

「母さん、įžŽåŽšåŽ¤čĄŒãŖãĻきたぎīŧŸčŒœãŒæĨるからīŧŸã€





息子が少しãĢã‚„ã‘ãŸéĄ”ã§å‡ēčŋŽãˆãĻくれぞした。

ã€Œãã‚ãã‚é•ˇããĒãŖãĻきたからâ€Ļ。」

「ãĩぅん、そうãĒんだ。」

「ãĒぁãĢīŧŸã€

「äŊ•ã§ã‚‚ãĒいよ。あぁ、įˆļさんはå‡ē掛けたよ。」

「そうãĒんだ、あãŖã€ã‚†ã€ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“īŧŸīŧã€

įŽ„é–ĸを上がるといきãĒã‚ŠåžŒã‚ã‹ã‚‰čƒ¸ã‚’æ‰ãžã‚Œãžã™ã€‚

おå°ģãĢはįĄŦいもぎがâ€Ļ。

「æœŦåŊ“ãĢé•ˇããĒãŖたからだけīŧŸã€

「う、うん、あãŖ、だめãŖ。」

おå°ģãĢįĄŦいもぎをæ“Ļりäģ˜ã‘ãĒãŒã‚‰čƒ¸ã‚’æŋ€ã—く揉んできぞす。

čēĢäŊ“ぎ力が抜けãĻきぞす。

ã€ŒčŒœãŒæĨるからでしょīŧŸã€

éĻ–į­‹ãĢキ゚をされるともう息子ãĢ逆らえぞせん。

ã€Œã†ã‚“ã€čŒœã•ã‚“ãŒæĨã‚‹ã‹ã‚‰ã€‚ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ãŽæ¯čĻĒがだらしãĒいとは思われたくãĒいから。」

「æĩå­ã¯å˜˜ãŒä¸‹æ‰‹ã ã­ã€‚čŒœã¨åŧĩり合うつもりでしょīŧŸã€

「â€Ļ。」

「ヤキãƒĸチåĻŦいãĻるæĩ子は可愛いãĒ。」

「もうâ€Ļ。」

「æĩ子ぎ斚がįļēéē—だよ。」

ãã†č¨€ã†ã¨ã‚šã‚Ģãƒŧトからパãƒŗツだけを下ろしįĄŦいもぎをねじčžŧんできぞした。





「あãŖ、įŽ„é–ĸ先で、こんãĒâ€Ļ、うãŖ。」

「æĩ子がヤキãƒĸチåĻŦいãĻるぎが可愛くãĻね。すぐãĢæŠœãã‚ˆã€‚ãžã åąé™ēæ—ĨでしょīŧŸã€

ãã†č¨€ãŖãĻ数回動かしただけでį§ãŽä¸­ã‹ã‚‰å‡ēãĻいきぞした。

ä¸ģäēēがいつ帰るかわからãĒいぎでäģ•æ–šãĒいです。

「こぎぞぞパãƒŗツはåąĨかãĒいで過ごしãĻね。」

息子はį§ãŽãƒ‘ãƒŗツを持ãŖãŸãžãžéƒ¨åą‹ãĢæˆģりぞした。

これからパãƒŗツをåąĨかãĒいで夕éŖ¯ãŽæ”¯åēĻãĢãĒりぞす。

おå°ģがæļŧしいです。



゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: