FC2ブログ

čŒœãĄã‚ƒã‚“ãĢは気äģ˜ã‹ã‚Œãžã›ã‚“でした

「可愛い子だãŖたね。」

息子が帰厅しãĻã‹ã‚‰čŒœãĄã‚ƒã‚“ãŽäē‹ã‚’čŠąã—ãžã—ãŸã€‚

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ãŒåĨŊきãĢãĒるぎも、お母さんわかる気がしたよ。」

「æĩ子はåĢŒã˜ã‚ƒãĒかãŖたīŧŸã€





ã€Œã†ã‚“ã€čŒœãĄã‚ƒã‚“ãĒら大丈å¤Ģ、かãĒ。」

ã€Œč‰¯ã‹ãŖãŸã€‚čŒœã‚‚ã€įļēéē—ãĒお母さんだね、ãŖãĻ言ãŖãĻたよ。」

少しį…§ã‚Œãžã™ã€‚

けお、それより気ãĢãĒることがありぞす。

ã€ŒčŒœãĄã‚ƒã‚“ã€äģ–ãĢäŊ•ã‹č¨€ãŖãĻãĒかãŖたīŧŸã€

「äģ–ãĢīŧŸã€

「そぎ、変ãĒ匂いがしたとかâ€Ļ。」

「あぁ、そぎことね。気äģ˜ã„ãĻãĒいよ。」

ã€Œč‰¯ã‹ãŖた。お母さん、凄くåŋƒé…ã ãŖたよ。」

「äŋēぎがæģ´ã‚ŒãĻくるからīŧŸã€

「うん、ナプキãƒŗおころかパãƒŗツもåąĨかせãĻくれãĒいからâ€Ļã€‚ã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ãŽã€å¤šã„ãŽãĢ。」

息子はåŦ‰ã—ã„éĄ”ã‚’ã—ãĻいぞした。

そしãĻã€čŒœãĄã‚ƒã‚“ãŒæĨるときは毎回そぎようãĢã™ã‚‹ã‹ã‚‰ã€ã¨ã‚‚č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚

į†į”ąã¯ã€į§ãŽãŸã‚ã€ã§ã™ã€‚

息子ぎ気éŖいがåŦ‰ã—く感じぞすが、いつかčĻ‹ã¤ã‹ãŖãĻしぞわãĒいかと、不厉も感じぞした。

ぞたčŋ‘ã„ã†ãĄãĢčŒœãĄã‚ƒã‚“ãŒéŠãŗãĢæĨるãŋたいです。






゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

čŒœãĄã‚ƒã‚“ãŒãã‚‹ãŸãŗãĢされたいだろãĒâ€Ļ
ã‚ĒãƒŗナとしãĻč‡Ē分が息子ぎã‚Ēãƒŗナだと毎回å„ĒčļŠæ„Ÿã‚’感じるさâ€Ļ
そしãĻいつかはバãƒŦるだろうね。
ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: