FC2ブログ

息子がおå°ģã‚’æą‚ã‚ãĻきぞす






昨夜から息子がおå°ģã§ã—ãŸã„ã¨č¨€ã„ãžã™ã€‚

į§ãŽį”Ÿį†ãŒå§‹ãžãŖãŸã‹ã‚‰ã¨č¨€ã†ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ãŒã€ã“ã‚“ãĒãĢæą‚ã‚ãĻくるぎはįã—いです。

ä¸ģäēēがいるぎで、おå°ģでするぎはé›Ŗしいですが、äģŠæ—Ĩも隙をčĻ‹ãĻã—ã‚ˆã†ã¨æą‚ã‚ãĻきぞす。

ã€Œã‚†ã†ãĄã‚ƒã‚“ã€ãŠã†ã—ãŸãŽīŧŸã€

「äŊ•ãŒīŧŸã€

「æ€ĨãĢおå°ģでしたいだãĒんãĻ。いつもはそんãĒãĢåŧˇãč¨€ã‚ãĒいぎãĢâ€Ļ。」



「æĩ子ぎã‚ĸナãƒĢでしたくãĒãŖた。それじゃだめīŧŸã€

「それ、だけīŧŸã€

「â€Ļ。」

「もしかしãĻčŒœãĄã‚ƒã‚“ã¨ã€äŊ•ã‹ã‚ãŖたぎīŧŸã€

「â€Ļ。」

「わかãŖたよ。äģŠæ—Ĩはおįˆļさんもいるし、お母さんも、そぎæē–備が、åŋ…čĻã ã‹ã‚‰ã€æ˜Žæ—Ĩね。」

「うん、ありがとう。」

æ¯å­ã¨čŒœãĄã‚ƒã‚“ãĢäŊ•ãŒã‚ãŖたかはわかりぞせん。

けお、息子がį§ãĢæą‚ã‚ãĻくるãĒら、受けæ­ĸめぞす。

äžŋį§˜č–Ŧを多めãĢéŖ˛ã‚“で、明æ—ĨãĢ備えぞす。


đŸŒšå‚åŠ ä¸­ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãƒŠãƒŗキãƒŗã‚°đŸŒš

ブログをčĻ‹ãĢæĨãĻ頂いたときは下ぎバナãƒŧをクãƒĒックしãĻくださいね❤ī¸









゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧã‚ĩイト
[PR]

[PR]

テãƒŧマ : äēēåĻģãƒģį†ŸåĨŗãƒģåĨĨ様ãƒģč‹ĨåĻģãƒģお母さんãƒģčŋ‘čĻĒį›¸å§Ļエロ動į”ģ
ジãƒŖãƒŗãƒĢ : ã‚ĸダãƒĢト

ã‚ŗãƒĄãƒŗトぎ投į¨ŋ

Secre

ナãƒŗキãƒŗグ

プロフã‚ŖãƒŧãƒĢ

æĩ子

Author:æĩ子
æĩ子īŧˆ42æ­ŗīŧ‰ã§ã™ã€‚
äģĨ前は、下ãĢ書いたようãĒ暎しをしãĻいぞした。
しかし、あるäē‹ãŒããŖかけで息子īŧˆ21æ­ŗīŧ‰ã¨2äēēで暎しãĻいぞす。
äģŠã¯å¤ĢåŠĻ同į„ļぎ毎æ—Ĩを送ãŖãĻいぞす。

---過åŽģぎプロフã‚ŖãƒŧãƒĢ---
ä¸ģäēēと息子ぎ3äēē暎らしをしãĻおりぞす。
åšŗå‡ĄãĒåŽļåē­ã§ã—た。
しかし、3嚴前から息子とį”ˇåĨŗぎé–ĸäŋ‚を持ãŖãĻしぞいぞした。

æœ€æ–°č¨˜äē‹
最新ã‚ŗãƒĄãƒŗト
月åˆĨã‚ĸãƒŧã‚Ģイブ
ã‚ĢテゴãƒĒ
ã‚ĸãƒĢバム
検į´ĸフりãƒŧム
č¨Ēå•č€…æ•°
ãƒĄãƒŧãƒĢ

名前:
ãƒĄãƒŧãƒĢ:
äģļ名:
æœŦ文: